VERSANTpartnership NIKKEI Pearson

就活&採用は英会話力で差がつく!
英語スピーキング力を簡単に測定

VERSANT日経が提案する英語テスト

国内では、大手企業を中心に200社以上が導入。
採用時の実践的な英語力の証明として注目されています。

“日経×DISCO就活チャレンジ”で就活生を応援!

就活チャレンジは日本経済新聞社とピアソン、就職支援大手DISCO社が共同で実施しているキャンペーン

「キャリタス就活」の登録で
VERSANTスピーキングテスト受験は無料

※無料受験は1回のみ

VERSANTは世界標準の英語スピーキングテスト

  • スマホアプリで手軽に受験できる

  • テストは約20分~30分、受験後すぐに結果がわかる

  • 20〜80点で測定される客観的なスコア

学生時代に必ず受験しよう!

VERSANTは実践で使える英語力の証明

総合スコア47点以上を目指そう!

【VERSANT総合スコアと英語でできること(例)】

VERSANT総合スコアと英語でできること(例)

英語の実践力は、「聞く力」と「話す力」

英語の「聞く」・「話す」力の証明には
スピーキングテストの受験が必要

【VERSANTスコアとTOEICスコアの関係】

VERSANTスコアとTOEICスコアの関係 TOEIC800点以上でも VERSANTでは37点から79点と会話力には大きな開きがある

サブスコアの目標を意識して総合スコアを上げよう!

文章構文や語彙はまずまずだが
発音や流暢さは弱いのが日本人の典型

【日本人の典型スコアと目標スコアの比較】

日本人の典型スコアと目標スコアの比較

グローバル意識が高い大学生が受験するVERSANT

2020年「就活チャレンジ」受験者の平均点は49.5点

【VERSANT受験者のスコア構成】

VERSANT受験者のスコア構成

大学別VERSANT平均スコアランキング

ランク上位の学生が所属する大学の平均スコアが
日本人全体の平均を大きく上回る

大学別VERSANT平均スコアランキング

採用でのご利用企業様に特別オファー実施中!

SPECIAL OFFER

VERSANTテストが原則50IDまで
1IDあたり1,000円で提供中