VERSANT

VERSANT(ヴァーサント)は本当に話せる英語力の証明

※所属や役職は撮影当時のものです。

実践を重視した英語力テスト VERSANT

英語で聞く→英語を理解する→英語で答える・話す→

VERSANTでは発話をリアルタイムで理解し、的確に処理する能力が必要とされます。「英語を聞いてから英語で話す」という実際のシーンに沿った英語のコミュニケーション力を測ることができます。

必見! 1分でわかるVERSANT

必見!1分でわかるVERSANT

ピアソンで開発された高度な言語認識・自動採点システムを利用しスマホやパソコンがあれば、日時や場所を問わず受験ができます。国内外のグローバル企業での採用のほか、米国防総省などの政府機関でも そのシステムが導入される、信頼性の高いテストです。

4つの特徴

  • いつでもどこでも

    24時間365日、スマホやパソコンで手軽に受験可能!テスト会場への移動や試験官の手配などは必要なし!

    サービス詳細
  • 短時間で

    スピーキングテストは約20分、ライティングテストは約35分で完了。回答は自動採点され、すぐに結果を確認できる!

    サービス詳細
  • 世界標準

    グローバルに展開する大手企業や世界中の政府機関で英語力を測定するテストとしての採用実績多数!

    導入事例
  • 客観的

    最先端のAIを使った言語認識&自動採点システムにより、客観的で公平な英語力測定と弱点把握を実現!

    サービス詳細

FAQ

お知らせ

2020.05.25個人NEW
NEWアプリ受験不具合のお詫びと復旧のお知らせ
2020.05.21個人NEW
NEWアプリ受験の一時的な不具合について(5月20日~5月21日13:00頃)
2020.04.30個人NEW
NEWVersant Speaking Test(スマホアプリ)のインターフェースを刷新しました。サンプルテストも受けられるようになりました。詳しくはこちら。
2020.04.30個人NEW
NEW“チャレンジシリーズ” で平均スコア、過去最高!「第2回 VERSANT英語スピーキング・チャレンジ」レポート発表
2020.04.20法人NEW
NEW法人向けモニター受験、受付中!6月30日(火)まで
2020.04.15個人NEW
NEW今年度、初のスピーキング・チャレンジ!今回は語学教育総合カンパニーのアルクと共同開催
2020.03.09個人
【重要】受験用ソフトウェア(CDT)ヴァージョンアップデートのお知らせ
2020.02.27個人
カスタマーサポートへのお問い合わせについて

イベント・キャンペーン情報一覧へ

スコアの意味

VERSANTの総合スコアは20~80点で採点されます。日本人のスコア平均は38点で、CEFR※と相関しているので、ご自身のスピーキング力を客観的に知ることができます。

スコアによる英語習熟度とCAN-DO
  • ※2018ピアソン調べ
  • ※CEFR(ヨーロッパ共通言語参照枠)とは、ヨーロッパ全体で外国語の学習者の習得状況を示す際に用いられるガイドライン。
    A1からC2まで7分類されます。テストごとのスコアもCEFRを基準に相関関係を知ることができます。

スコア活用法

テストの種類・料金

個人・学生で受験をご希望の方へ

弊社では個人のお客様に対する直販は行っておりません。個人でVERSANTテストを受験されたい方は下記より受験お申し込みをお願いいたします。

お申し込みはこちら