VERSANT

お問い合わせ・ご質問はこちら 03-4477-4892 【受付時間】平日9:00~18:00(土・日・祝日は休み)

サービス詳細

  • スピーキングテスト
  • ライティングテスト
  • プレイスメントテスト

聞かれたことを瞬時に理解し、応答する力を測定します。

リスニング能力とスピーキング能力の両方を測定し、中でも日常的に使用される口頭英語に回答できる能力(自然さ、流暢さ、即時性)に重点を置いています。
ネイティブの自然なスピードで流れる質問を聞き、回答するテストです。

テスト内容 [出題数63問]

A

音読 8問

テスト用紙に記載されている文章を指定された順序で声を出して読むことで、「発音」「流暢さ」を診断

B

復唱 16問

音声で流れた文章を聞こえた通りに繰り返すことで「発音」「流暢さ」「文章構文」を診断

C

質問 24問

質問で使用された単語を使って回答することで「語彙」を診断

D

文の構築 10問

3つの単語リストを聞き、その中で単語を使って文章を正しく作り答えることで「流暢さ」「文章構文」を診断

E

話の要約 3問

短い物語を聞き、30秒間で自分の意見を要約することで「発音」「語彙」「流暢さ」「文章構文」を診断

F

自由解答 2問

簡単な質問に対して自由に回答することで「発音」「語彙」「流暢さ」「文章構文」を診断

※中国語、スペイン語、フランス語、オランダ語、アラビア語のテストもあります。

サンプルテストを聞く    サンプルダウンロード

注:録音されているテストは実際のテストよりも問題数が少なく、簡略化されていますので予めご了承下さい。


VERSANT® Speaking Test テスト項目について

スコアレポート

VERSANT®はテストが終了した数分後にはテストの結果(スコアレポート)を見ることが可能です。




総合スコア+4つのスキルを
それぞれ採点

総合的な英語スピーキング能力だけではなく、スキルごと(文章構文・語彙、流暢さ・発音)点数を出すため、弱点を把握しやすいのが特徴です。スコアはそれぞれ20点から80点で採点されます。

サンプルダウンロード

レポートは8言語(※)に対応しているので、国内・海外の複数部門・拠点でレポートを共有する際に、見る人の言語にあわせて同じ内容を閲覧できます。 ※日本語、英語、オランダ語、フランス語、中国語、スペイン語、ドイツ語、ポルトガル語。

当ホームページ上部右側の「テスト結果を見る」をクリックし、テスト用紙右上にある8桁のテストID番号を入力してください。

点数と英語力の目安

総合点及びサブススコアは全て20点から80点で採点されます。

得点 CEFR GSE
C2 85-90

微妙な意味合いを正確かつ自然に伝達できる。

自由に、自然な口語体で自分の考えを詳細に説明できる。複雑な構文でも、適切に接続詞や結束装置を使用して、文法的、音韻的に幅広く一貫して対応できる。

C1 76-84

流暢で自由な表現を、適切な構文を使って明確に話すことができる。

流暢に、自由に、ほとんど意識することなく、自然な言葉遣いで自分の考えを説明できる。明確で自然な発音ができる。強調したい場合には、イントネーションや強勢に変化をつけることができる。正確で、間違いが少ない。接続詞や結束装置を的確に使用できる。

B2 59-75

大きな負担を感じさせずに、情報や視点を明確に述べることができる。

目立つほどの長い途切れがなく、一定のテンポで一定量話すことができる。発音やイントネーションを明確に発することができる。誤解を生むような間違いがない。明確で一貫した、意味のつながりがある会話ができるが、時々「抜け」が起こる。

B1 43-58

身近な事柄において伝えたいことの要点を包括的に述べることができる。

構文や語彙の選択、もしくは修正のために途切れることが多々あるが、おおむね包括的に話し続けることができる。時々外国語特有のなまりが出ることや発音のミスがあるが、発音は理解可能である。予想可能な状況では、主要な、使い慣れている語彙や構文をほどほどの正確さで使うことができる。個々の簡単な要素から筋の通った分を作ることができる。

A2 30-42

基本的な情報(仕事や経歴、家族、余暇など)について述べることができる。

途中で途切れることや出だしの誤り、言い直しが多々あるが、非常に短い文章であれば自分の考えを述べることができる。発音は、外国語特有のなまりが目立つが、相手が無理なく理解できる程度には発音できる。単純な構造は正しく使えるものの、規則的に基本的な間違いをする。「and」、「but」、「because」のような簡単な接続詞を使って、単語グループをつなげることができる。

A1 22-29

個人的なことや、よく知られたテーマについて簡単に述べることができる。

発話は非常に短く、断片的であり、ほぼ定型表現のみである。語彙が少ないので、表現を探すために頻繁に途切れる。発音は、外国語特有のなまりが非常に多く残る。

< A1 10-21

A1で定義されるよりも下位レベルである

直接かつゆっくり話されればいくつかの単語を理解できることがあり、基本的な挨拶ができることがある。全般的に語彙力が非常に限られている。

※上記は要約です。詳細な英語力の説明につきましてはお問い合わせください。


スピーキングテスト・ライティングテスト・プレイスメントテスト・CEFR(ヨーロッパ共通言語参照枠) GSE(グローバル・スケール・オブ・イングリッシュ)とのスコア相関表はこちらをご確認ください。

GSE(グローバル・スケール・オブ・イングリッシュ)とは?

ピアソンが設定しているグローバルに比較可能な英語能力の客観的指標。10から90のスコアで英語能力を評価するもの。詳しくはこちらを御覧ください。

文章や語彙だけではなく、丁寧さなどを含めた英語を適切に書く力を測定します。

英語を正確に書けるか、また論理的に書けるかを測定します。パソコンの画面の指示に従って、英文をタイプして回答するテストです。

テスト内容 [出題数42問]

A

タイピング 1問

表示された文章を60秒以内でタイプすることで、タイピングの「速度」と「正確さ」を診断

B

空欄補助 20問

短文内の空欄に適当な単語を1つ入れることで「語彙」を診断

C

ディクテーション 16問

読み上げられた文章を聞いた通りに正しく書き取ることで「文法」を診断

D

文章再構成 4問

表示された文章を30秒間読み、内容を把握し、自分の言葉で文章を書き直すことで「文法」「読解力」を診断

E

Eメール記述 1問

ある状況を説明する文章を読み、その状況に沿った提案や問題点などをEメール形式で書くことで「語彙」「文章構成」「文法」「読解力」「言葉使いと文体」を診断 ※テストのバージョンによって2問の場合もあります。
サンプルダウンロード

VERSANT® Writing Test テスト項目について

スコアレポート

総合スコア+5つのスキルを
それぞれ採点

総合的な英語ライティング能力だけではなく、スキルごと(文法、語彙、文章構成、言葉使いと文体、読解力)に点数を出すため、弱点を把握しやすいのが特徴です。スコアはそれぞれ20点から80点で採点されます。

※タイピングの速度と正確さも提示されます(総合スコアやスキルスコアには加算されません)。

サンプルダウンロード

当ホームページ右上の「テスト結果を見る」をクリックし、テスト用紙右上にある8桁のテストID番号を入力してください。(スコアレポートは英語版のみご使用可能です)

点数と英語力の目安

総合点及びサブススコアは全て20点から80点で採点されます。

ネイティブスピーカーと同等のスピードで難なく読み書きができ、ほとんどの目的に沿った文章が容易に作成できる。文章は効率的かつ明確で、分野や読み手に適切な文体である。複雑な言語構成にしっかり熟達している。
ネイティブスピーカーと同等のスピードで読み書きができ、ほとんどの目的に沿った文章が容易に作成できる。文章は概して効率的かつ明確で、分野や読み手に適切な文体である。複雑な言語構成に高い能力で対応することができる。
幅広い分野のテキストを理解することができ、ほとんどの目的に沿った文章を作成することができる。文章は通常効率的かつ明確で、文体に適切に留意している。複雑な言語構成に合理的に対応することができる。
多様な語彙と構成による文章が理解できる。十分時間をかければ一般的な目的の文章を書くことができる。作文ではエラーや不適切な単語選択が見受けられるが、内容は読み手に受け入れる態度がある場合明確に伝わる。
単純な語彙や構成による文章は理解できるが、長文や複雑な文章の理解は困難である。言語的に限られた範囲で基本的な情報を伝えることができる。
頻繁に使われる単語や構成の文章を理解し、短く単純な文章、あるいは、言語的に狭い範囲内や学んだレパートリー内でまとまった文章を書くことができる。
英文の理解力、作文力ともに非常に限られた能力しかない。
スピーキングテスト・ライティングテスト・プレイスメントテスト・CEFR(ヨーロッパ共通言語参照枠) GSE(グローバル・スケール・オブ・イングリッシュ)とのスコア相関表はこちらをご確認ください。

GSE(グローバル・スケール・オブ・イングリッシュ)とは?

ピアソンが設定しているグローバルに比較可能な英語能力の客観的指標。10から90のスコアで英語能力を評価するもの。詳しくはこちらを御覧ください。

スピーキング、リスニング、ライティング、リーディング 4技能の総合的な英語力を測定

日常的に使用される英語の対応能力を、約50分で総合的に診断することができ、レベル分けに最適です。またリアルタイムでの口語英語・実践的な文章英語に対する理解力や、適切な応答力に重点を置いているため、どれだけ英語を知っているかではなく、どれだけ英語が使えるかを正確に測ることができます。

テスト内容 [出題数81問]

サンプルダウンロード

A

音読 2問

表示された文章を声に出して音読することで「発音」「流暢さ」「文章理解力」を診断

B

復唱 16問

音声で流れた文章を聞こえた通りに繰り返すことで「発音」「流暢さ」「文章構文」を診断

C

文の構築 10問

3つのフレーズを聞き、それらを並べ替え正しい文にして答えることで「発音」「流暢さ」「文章構文」を診断

D

会話 12問

2人の会話を聞いた後に出される質問に答えることで「発音」「流暢さ」「リスニング力」を診断

E

タイピング 1問

表示された文章を60秒以内で入力することで、タイピングの「速度」「正確さ」を診断

F

空欄補助 20問

表示された短文内の空欄に適当と思われる単語を1つ入力することで「語彙」を診断

G

ディクテーション 16問

聞こえた文章を25秒以内に入力することで「リスニング力」「言語処理能力」「ライティング力」を診断

H

文章再構成 3問

表示された文章を30秒間読んで内容を把握し、次の90秒間で自分の言葉で文章を書き直すことで「リーディング力」「ライティング力」を診断

I

要約と意見 1問

表示された文章を読み、文章の要約と著者の意見に対する自分の考えをそれぞれ書くことで「リーディング力」「ライティング力」を診断

VERSANT® Placement Test テスト項目について

スコアレポート

VERSANT®はテストが終了した数分後にはテストの結果(スコアレポート)を見ることが可能です。




総合スコア+4つのスキルを
それぞれ採点

総合的な英語力だけではなく、スキルごと(スピーキング、リスニング、リーディング、ライティング)に点数を出すため、弱点を把握しやすいのが特徴です。スコアはそれぞれ20点から70点で採点されます。


当ホームページ右上の「テスト結果を見る」をクリックし、テスト用紙右上にある8桁のテストID番号を入力してください。(スコアレポートは英語版のみご使用可能です)

点数と英語力の目安

総合点及びサブススコアは全て20点から70点で採点されます。

得点 CEFR
C1

幅広くレベルの高い、より長い文章を理解することができ、黙示的な意味を認識することが出来る。よりわかりやすい表現を調べることなく、流暢かつ自発的に自身を表現できる。社会的、学問的、および専門的な目的においてその言語を柔軟かつ効果的に使用することが出来る。文章の構造分類、接続詞、結束語を制限しながら用い、複雑な話題に関して明白で構成が整った詳細な文章を作ることが出来る。

B2

自身の専門分野における技術的な議論を含む具体的および抽象的な話題両方において、複雑な文章の要点を理解できる。母国語話者と概ね問題なく通常の会話ができ、相手に対して心配をかけることのない流暢かつ自発的な会話ができる。幅広い話題において明確で詳細な文を作ることができ、様々な選択肢における利点や不都合と共にその話題に対する見解を説明することが出来る。

B1

職場、学校、余暇で頻繁に出くわす日常的な事柄に関して、明確で一般的な情報の要点を理解できる。その言語が話される地域を旅行している際に起こりうる大体の状況に対応できる。よく知っていたり個人的に関心のある話題に関して、単純なつながった文章を作ることが出来る。経験、出来事、夢、望み、願い事を説明することができ、意見や計画に対しての理由や説明を手短に行うことが出来る。

A2

最も関わりのある分野に関連する文や頻繁に使われる表現 (例 非常に基本的な個人的および親族に関わる情報、買い物、地域的な地理、仕事) を理解することができる。単純で直接的な情報交換を要する単純で日常的な作業の場で、よく知っている日常的な事柄に関してコミュニケーションが取れる。即時の対応が求められる分野において、単純な言葉で自身の生い立ち、即時的な環境や事柄を説明できる。

A1

具体的な目的を満たすための身近な日常会話表現や非常に基本的な言い回しを理解し、使用することが出来る。自分自身や他人を紹介することができ、住む場所、友人関係、所有物等といった個人的な細かい事柄についての質問を尋ねたり答えたりすることが出来る。相手がゆっくりと明確に話し、かつ相互理解をサポートしようとする条件下で、単純な方法で相互に会話することができる。

<A1

単語を用いて個人的な重要な事柄を伝えることができる。単語、いくつかの一般的な表現、また初歩的な 丁寧な表現を使用するが、発音が原因となり理解が難しい。自身に対して直接、丁寧に発音された単純で 日常的かつ具体的な用語を理解する。ひとつ以上の単語を用いて、質問ができる。会話は不可能。

※上記は要約です。詳細な英語力の説明につきましてはお問い合わせください。


スピーキングテスト・ライティングテスト・プレイスメントテスト・CEFR(ヨーロッパ共通言語参照枠) GSE(グローバル・スケール・オブ・イングリッシュ)とのスコア相関表はこちらをご確認ください。

GSE(グローバル・スケール・オブ・イングリッシュ)とは?

ピアソンが設定しているグローバルに比較可能な英語能力の客観的指標。10から90のスコアで英語能力を評価するもの。詳しくはこちらを御覧ください。

partnership NIKKEI Pearson

日本国内でのVERSANT事業は日本経済新聞社が独占販売権を保持しています。
本サイトは、ピアソンと日本経済新聞社のパートナーシップのもと運営されています。

「Versant」はピアソングループのエヌシーエス ピアソン,インコーポレイテッドの登録商標です(登録第4954283号)

↑ページ上部へ移動

このサイトについて

日本経済新聞社について

http://www.nikkei.co.jp/nikkeiinfo/
東京本社
〒100-8066 東京都千代田区大手町1-3-7
TEL:03-3270-0251(代)